就労移行支援

【2024年最新版】大阪でWebデザインが学べる就労移行支援事業所を厳選

大阪のおすすめ就労移行支援事業所

リタリコワークス
全国80箇所以上の事業所数であり、累計就職者数は1万人を越える業界最大手の就労移行支援事業所
※安定性重視のため特別なカリキュラムなどが用意されていない
総合評価
おすすめポイント 10年以上の実績から裏打ちされた安定感のある、スタンダードな支援が強み
大阪事業所 梅田・心斎橋・天王寺・枚方・堺東・高槻

リタリコ公式ページ

ウェルビー
LITALICOに次ぐ大手の就労移行支援、その事業所数の多さと職場定着率の高さが強み
※大手であるが故かネット上に悪い口コミが点在している
総合評価
おすすめポイント ヘルスケアや自立訓練など長く働くための生活訓練に力を入れている
大阪事業所 梅田・天王寺・新大阪・淡路

ウェルビー公式ページ

就労移行支援事業所WithYou
就職実績を毎月更新している為就職実績の高さが伺える。専門技術の取得・交通費全額支給など寄り添った支援が強み
※身体障害者向けの設備などが整っていない為車椅子の方の利用が難しい
総合評価
おすすめポイント 未経験からプロを目指せる専門性や交通費の全額支給・昼食提供などの取り組みが豊富
大阪事業所 梅田・JR大阪・堺筋本町・本町

WithYou公式ページ

この記事では大阪にあるWebデザインを学ぶ事ができる、Webデザインに特化した就労移行支援事業所をご紹介していきます。

Webデザイナーに興味のある方やWebデザイナーを目指している方に向けて、就労移行支援の事業所ではどんな事を学ぶ事ができるのか?

また事業所に通所する前に知っておきたいことなども合わせてご紹介していきたいと思います。

監修者監修者
就労支援の現場での経験を活かし、発達障害の方に向けて役立つ情報や制度・症状についてわかりやすく解説させて頂きます。
就労移行支援一覧へスキップ

Webデザインが学べる就労移行支援事業所の失敗しない選び方

就労移行支援事業所選びはWebデザインに関わらず、慎重に行わなければなりません。

なぜなら多くの時間と労力を使い申請して、やっと就労移行支援の利用ができたのに
辞めてしまうとすべてまた1からになります。

就労移行支援の利用期間は2年間と法律により定められています!!

又、原則事業所を途中で変更する事も出来ない!

ですから、くれぐれも「ただ、自宅から近いから」という理由や「ネットで調べて最初に目に入ったから」という理由だけで事業所を決めることは辞めましょう。

では、どこを重点的において事業所を選べばよいのでしょうか?
これからいくつかご紹介していきますので、参考にしてください。

学びたいスキルがあるか?

まずはスキルを学ぶ上で最初に重視するところはご自身が学びたいと思っているスキルを就労移行支援事業所で学ぶ事ができるかどうかです。

ご自身が学びたいと思っているスキルが学べなければ、意味がありません。

どんなスキルが学べるのかは、各事業所のホームページに記載されております。

しかし、稀にホームページに記載されているスキル以外でも学べるスキルがある場合もありますので、

確実なのは、直接事業所に問い合わせて確認することです。

スキルアップできる環境があるか?

学習をする際に、環境というのはとても重要になってきます。

学習教材やPCの使用はできる?など、学習環境が整っていないと、

スキルアップに繋がりません。

就労移行支援事業所に通所する前に、事業所の見学ができます。

その際に、実際に自分が通所したときの事をイメージして、事業所の雰囲気を感じて下さい。

そして細かなことまでスタッフの方に質問しましょう。

この時、事前にある程度何を質問するのかを考えておきましょう

専門の知識を持った講師は在籍しているか?

WebデザインやIT系の資格や専門的な知識のある講師・支援員が在籍していれば、わからない事、質問ができるので、

近くにそういった方が居るだけで安心して学習できますね!

事業所によっては教材などは提供してくれるが、すべて自習と言う事業所もあります。

そう考えるとプロ講師が在籍していた方が明らかにスキルアップしますね。

事業所を選ぶ際はそう言ったことも重視しながら選ぶようにしましょう。

事業所の評判は悪くないか?

事業所の評判や口コミをチェックするのも選び方の一つです。

ネットで事業所を検索すれば大体の事業所は口コミや評判が記載されております。

口コミや評判は実際にその事業所に通ってみた感想なので参考になるかと思います。

良い口コミ・悪い口コミをご覧になって判断してください。

あまりにも悪い口コミが多かったり評判が悪かったりする事業所はおすすめしません。

大阪にあるWebデザインに強いおすすめの就労移行支援

大阪で交通費支給の就労移行支援
それではこれから大阪に事業所を構えているWebデザインに強い就労移行支援事業所をいくつかご紹介していきます。

学べるスキルからおすすめのポイントまで紹介していますので、気になる事業所がありましたらリンクも貼っておきますのでご覧ください。

就労移行支援事業所WithYou

おすすめ度
学べるスキル HTML5/CSS3/JavaScript/WordPress/Photoshop/Illustrator
アクセス 【梅田校】
・梅田駅 東口改札 (阪神) 徒歩6分
・梅田駅 2階中央改札 (阪急) 徒歩8分
・扇町駅 (堺筋線) 6番出口より、徒歩3分
・天満駅 (JR線) 徒歩5分【大阪校】
・梅田駅 南改札(御堂筋線)徒歩3分
・大阪駅 南口(JR線)徒歩5分
・東梅田駅 北東改札(谷町線)徒歩4分【堺筋本町校】
・谷町4丁目駅 4番出口(谷町線・中央線) 徒歩5分
・堺筋本町駅 12番出口(堺筋線・中央線) 徒歩5分【本町校】
・本町駅 17番出口(御堂筋線) 徒歩1分以内

With Youではプロの講師による専門的な技術を得ることができます。

Webデザインに関しましても企業や大学の講師経験者より学ぶ事ができます。

他にも、交通費全額支給や学習教材・PCの無料提供があり、現在大阪に4校と兵庫県にも1校構えており人気の就労移行支援事業所になります。

WithYouの公式ページへ

就労移行ITスクール

おすすめ度
学べるスキル HTML/CSS/Javascript/WordPress/Photoshop/Illustrator
アクセス 【大阪梅田】
・北新地駅(JR東西線)直結
・大阪メトロ四つ橋線「西梅田駅」徒歩2分
・大阪梅田駅(阪神電鉄)徒歩5分【新大阪】
・西中島南方駅(大阪メトロ)徒歩1分
・南方駅(阪急)徒歩3分
・JR「新大阪駅」徒歩10分【大阪天王寺】
・天王寺駅(JR環状線) 徒歩3分
・天王寺駅(地下鉄谷町線) 徒歩1分
・天王寺駅(地下鉄御堂筋線) 徒歩5分

ITスクールはITスキルに特化した事業所になります。

Webデザインはもちろんですが、プログラミングなど細かなPCスキルを学ぶことができます。

ITスクールでは、専門的知識を持った講師が在籍しておりますので、わからないことがあった場合などは丁寧ににアドバイスをしてくれますので安心して学べます。

ITスクールの公式ページへ

atGPジョブトレIT・Web心斎橋事業所

おすすめ度
学べるスキル Photoshop/Illustrator/HTML/CSS/Javascript/Wordpress
アクセス 【心斎橋】
・本町駅 (四つ橋線・御堂筋線)徒歩5分
・四ツ橋駅 (四つ橋線)徒歩8分
・心斎橋駅 (御堂筋線)徒歩12分

atGPジョブトレIT・Web心斎橋事業所ではデジタルハリウッド大学が提携している動画学習ができます。

そして、WebデザイナーコースとITエンジニアコースの2つにわかれており、どちらのコースも力を入れております。

atGPジョブトレもプロの講師が在籍している為、未経験の方でも自分のペースでスキルを身に着けることができます。

atGPジョブトレ心斎橋の公式ページへ

Manaby

おすすめ度
学べるスキル HTML/PHP/CSS/JavaScript/Scratch/Git
アクセス 【大阪天王寺事業所】
JR東西線「北新地」、地下鉄四ツ橋線「西梅田」から徒歩1分(駅直結)
JR各線「大阪」から徒歩4分
阪神各線「梅田」から徒歩3分
阪急各線「梅田」から徒歩8分【大阪本町事業所】
大阪メトロ 御堂筋線「本町駅」より徒歩約3分
大阪メトロ 四つ橋線・中央線「本町駅」より徒歩約6分【大阪梅田事業所】
JR東西線「北新地」、地下鉄四ツ橋線「西梅田」から徒歩1分(駅直結)
JR各線「大阪」から徒歩4分
阪神各線「梅田」から徒歩3分
阪急各線「梅田」から徒歩8分

Manabyは障害を持った方でも安心して就職をしてもらうよう、個人ブースや動画視聴など、学習する環境を工夫しております。

スキルをしっかりと身に着けて大手企業への就職者も数多くいる実績のある大阪の就労移行支援事業所です。

動画視聴ではWebデザインに関する専門用語もわかりやすく音声で解説してくれるのでとてもスキルアップに繋がります。

マナビーの公式ページへ

Kaien

おすすめ度
学べるスキル HTML5/CSS3/JavaScript/WordPress
Photoshop/Illustrator
アクセス 【大阪天六】
天神橋筋六丁目駅(堺筋線、谷町線、阪急千里線) 徒歩3分
天満駅(JR大阪環状線) 徒歩10分【阿倍野】
阿倍野駅(谷町線)7番出口直結
阿倍野駅(阪堺電車) 徒歩2分
天王寺駅(JR線・御堂筋線) 徒歩7分【大阪福島】
福島駅(JR大阪環状線) 徒歩7分
福島駅(阪神本線) 徒歩9分
新福島駅(JR東西線) 徒歩10分
大阪駅・梅田駅(各線) 徒歩13分

Kaienではクリエイティブコースがあり、このコースではWebデザインやITのスキルを学んで専門技術を取得して就職までをサポートするコースです。

3段階のステップを踏んで自分に適性のスキルを伸ばしていくことができます。

講師には10~25年ほど経験を積んだベテラン講師が在籍している為、今までに数多くの大手企業(ヤフー株式会社やヤマトシステム開発株式会社)などに就職している実績があります。

Kaienの公式ページへ

NeuroDive

おすすめ度
学べるスキル プログラミング(R/Pythonなど)/デジタルマーケティング/機械学習/データ可視化/データサイエンス基礎/AI・人工知能
アクセス NeuroDive大阪
谷町線  東梅田駅 徒歩2分
御堂筋線 梅田駅  徒歩5分
JR西日本 大阪駅  徒歩6分

Neuro Diveでは最先端のスキルを学ぶことができます。
なぜかというとパーソナルチャレンジが運営しているため、最先端のIT技術が取得できるプログラムがあるのです。

障害に特性によって強みを引き出してトレーニングをすることができます。

最先端のスキルを学ぶことのできる講座が複数ご用意されております。

ニューロダイブの公式ページへ

Webデザインを学べる事業所に通う前に知っておきたいこと

確認しておきたいポイント
Webデザインのように何か新しいことを学ぶ前は不安がありますよね。

しかも、Webデザインは専門的な知識になるため相当な勉強時間を費やすことになるでしょう。

その為、効率よく学べるために知っておいた方が良い知識などをここでご紹介していきますので参考にしてください!

未経験からでもWebデザインは学べる?

もちろん、初心者の方でもWebデザインを学ぶ事ができます!!

大阪にある就労移行支援事業所大抵の場合、未経験から始められる方が多くご利用されております。

PC事態をあまり使用した事がない方でも、基礎からゆっくりと学ぶことができる環境が整っている事が多いので初めてでも安心してこれらの事業所を利用刷ることが出来ます。

無料なのにWebデザイナーになるまで学べる!?

就労移行支援でWebデザインを学ぶ場合、費用は基本的には無料で学べます。

ウェブスクールなどに通ってWebデザインを学ぼうとすると高い金額を支払わなければなりません。

しかし、就労移行支援では無料で学ぶ事ができますので、本当にしっかり学ぶ事ができるの?と思う方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、

就職実績など、をご参照頂くと、実際に就労移行支援を通してWebデザイナーやプログラマーなどの仕事に就く方も多くいらっしゃいます。

実績がある講師やカリキュラムを通し実践形式で学習できますので、手に職にを付けられるレベルのスキルは身に着けることが可能と言えるでしょう。

※但し、その事業所がご自身の希望するジャンルの職種へのスキルが習得できる事業所かは事前に必ず確認しましょう!!

学ぶにあたり、障害を理解してもらえる?

就労移行支援では精神疾患のある方や障害を持っ方が就職をするためにサポートしてもらいながら就職を目指す福祉サービスなので、

もちろん障害がある方を理解しながらサポートをしてくれます。

学習のペースも一人一人にあわせたカリキュラムを組んで少しづつではありますが就職へと向けて学習ができます。

なので障害がある方でも心配なくご利用できるサービスとなっております。

また、一部の障害特性によっては健常者よりもより適性があるケースも御座いますから
持病がある、障害があるからと言ってあきらめる事はありません!!

【webデザイン】クリエイティブなスキルとは?

ウェブデザイナーとは
それでは、実際のWebデザイナーには一体どのようなスキルが必要なのでしょうか?

大きく分けてデザイン系とプログラミング系の2種類御座いますのでこれから、それぞれ簡単にご紹介していきたいと思います。

デザイン・クリエイター系


主にウェブ用コンテンツ(画像や写真の加工)からウェブサイトなど様々なデザインを行います。また、web媒体から発注する以上、DTPといった印刷物などの作成もその仕事の一部と言えます。

それには、高度な専門ソフトの知識が必要不可欠です。
ここでは、それらを可能にする専用ソフトで最も代表なものを2つご紹介していきます。

Photoshop

Photoshopは写真・画像の加工、他にも編集・合成などを行うことができるソフトです。
画像の作成に用いるソフトウェアとなりますのでPhotoshopのサイト制作で必要となります

Illustrator

Illustratorとは文字や画像などを組み合わせることで、できるデザインをするソフトの事です。
Photoshopと少し似ていますがPhotoshopは主に画像の修正で、IllustratorはロゴやポスターなどのDTPに使用される事が多いソフトになります。

上記の二つが、必要とされるスキルで最も代表的なものだと言えるでしょう。
基本的には大阪にある就労移行支援事業所においてWEBデザインを指す場合、この二つは必ず含まれているとみていいでしょう。

Webプログラミング系


次にウェブアプリケーションや、ホームページなどをプログラミング言語と呼ばれる専門の言語を駆使してコーディング・プログラミングする場合に必要となる。

プログラミング言語の中で、ウェブデザインと呼ばれる分野に関係の深い、最も代表的なものをご紹介いたします。

【HTML】
HTMLとは【ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ(Hyper Text Markup Language)】の略になり、Webページに書かれている文字の事を指します。

【CSS】
HTMLと似ていますが、CSSはWebの文字の色や文字の大きさ・配置・背景・などの見た目を設定することをいいます。

【JavaScript】

JavaScriptとはブラウザを動かすためのプログラム言語のことでシステム開発やWebサイトの開発などに使われているプログラミング言語のことを指します。

【PHP】
PHPはHTML/CSSで作成されたアプリケーションをサーバーサイドで動的な処理を行うための機能を多く備えているプログラミング言語です。

主にメールの送受信やログインなどの会員システムなどで使用しております。

これらの、いずれか又はすべてを駆使してデザイン性の高いウェブサイトを構築するため
一部の就労移行支援事業所においても専門のカリキュラムが用意されているケースが御座います。

先ほど紹介した、デザインソフトと合わせて習得することが出来れば、Webデザイナーとして一人前の知識があるといっても過言ではありません。

選択肢としては、これらすべてを学べる就労移行支援事業所を選べるとさらに良いでしょう。

就労移行支援でWebデザインを学ぶメリットとデメリット

最後に、就労移行支援事業所でWebデザインを学ぶにつれてメリットとデメリットがそれぞれございます。

これからご紹介するメリットとデメリットですが、個人の感じ方によってはメリットとるかデメリットと取るかは個人差で違ってくるかと思いますが、

一般的に言われているメリットとデメリットをご紹介していきますの参考にしてください。

就労移行支援でWebデザインを学ぶメリット

高額なスキルが無料で学べる!

上記でも少しご紹介しましたが、就労移行支援事業所でWebデザインを学ぶ際に金額は無料で学ぶことができます。

高額な金額を出費することなく、Webデザインのスキルを身に着けることができるのは就労移行支援の特徴でもありますし、プロの講師から無料で学ぶことができるのは多きなメリットといえるでしょう。

教材や設備・環境が充実!

就労移行支援の事業所ではWebデザインに関する資料や教材などご用意されており、PCの提供がある就労移行支援事業所が多いです。

なのでご自身でのご用意も少なく、Webデザインを学べる環境が整っております。

初めは何から始めれば良いのかわからないという悩みも就労移行支援ではその悩みも解消されます。

フリーランスなどの選択肢が広がる!

専門的なスキルを身に着けることができると、会社に所属することなく自分自身で仕事を獲得していけるようになります。

現代社会ではWebデザイナーやITスキルを持った人間が重宝される時代なので、人手不足というのが現状です。

企業に就職したとしても、就職先で必要とされる人材になるでしょう。

このように、就労移行支援事業所を利用してWebデザインを学ぶことのメリットとしてはやはり、環境面や教材・費用の面が最もでしょう

更には、就職を見越したスキルトレーニングを目的としている為、就職にスポットあてた学習をピンポイントで行えることも大きな特徴です。

就労移行支援でWebデザインを学ぶデメリット

学習コスト(時間を費やす)

資格取得に多くの勉強時間を費やすことになります。

進化し続ける業界でもありますので日々の学習がとても大切になってきます。

もちろん資格を取得するために勉強をするにしても、就労移行支援事業所に通所している時間だけでは資格取得を目指すのは厳しい部分もあります。

通所後、帰宅してからも復習などをしていかなければならない場合もあります。

その為、途中でWebデザインの資格取得を断念してしまう方も少なくありません。

それほど、Webデザインを学んで職に就けるのは簡単なことではありません。

ですから、途中で一般の就職先への就職も目指せる(途中で選択肢を変えられる)就労移行支援事業所を選ぶことも視野に入れましょう!

デスクワークによる疲労・体調不良の懸念

基本的にはWebデザインに関する仕事就くという事は、PCを使用する仕事が多いので、目の疲れであったり、

座っての作業になりますので、腰痛の原因・血行の低下など健康に害を及ぼすことがあります。

仕事なので長時間続くことも多々あります。

健康状態に悪影響を及ぼす点において大きなデメリットと言えるでしょう。

事業所によってスキルの習熟度が違う

就労移行支援によっては、Webデザインのスキルを為に必要なスキル自体のレベルが低い事業所がございます。

これ自体は、利用期間の関係上、必ずしも悪い事と取るのは少し違いますが
目指す、スキルレベルと合わないといったトラブルも頻発しているようです。

とにかく、この問題点を解決する方法は事業所選びが重要になってきます。
通所する前に事業所のホームページなどを見て情報を得たり、口コミや実績などを見てどのくらいの方が就職しているかなど、細かく見ることが必要になります

ですから、利用前に一度専門の講師などにお話を聞く機会や具体的なカリキュラムなどを確認しておくと良いでしょう。

事業所選びで失敗してしまうと自分が学びたいスキルが学べないという結果になってしまうので事業所選びには慎重になりましょう。

このように、Webデザインを学ぶという事にはたくさんのデメリットもついてきます。

ですが、新しい事始めるには危険はつきものです、ですからもし自分には向いていないと、思った時に広く選択肢を取れるような、そんな就労移行支援事業所を見つけられると良いでしょう。

まとめ

これまで、大阪にあるWebデザインが学べる就労移行支援事業所とその選び方に加え

Webデザインについて就労移行支援事業所でどんなことが学べるのか?や学ぶために必要なことなどをご紹介してきました。

Webデザインのスキルを身に着けることはそう簡単なことではありませんが、習得することができればきっと就職した後でも活躍する事ができるでしょう。

上記でも途中で学習をやめてしまう、諦めてしまう方が多いと言いましたが、スキルを持った人材が現在人手不足なのは現実ですのでスキルを持った人材を企業は求めています。

Webデザインに興味がある方や、職にしたい方でこれから就労移行支援の利用を考えている方は、上記でいくつかご紹介させていただいた事業所の中に興味がある事業所があれば、是非問い合わせてみてください!